職業訓練を利用して資格・スキルをタダで身につける 

もう転職に失敗しない!90日で合格する転職成功最強の法則

転職に必要な資格やスキルをタダで身に付けられるとしたら、あなたは利用したくはないですか?少しでも有利な再就職をするための技を紹介します。

サイトマップ

はじめに

いまだ労働市場が成熟していない日本では、よほど輝かしいキャリアの持ち主でもない限り、「転職ステップアップ」を実現するのは現実にはむずかしいことです。

雇用情勢が悪化し始めると、有利な条件で転職するどころか、再就職することすら危うくなります。

安易に会社を辞めると「こんなはずじゃなかった」と、後悔することになりかねません。

一度契約や派遣など、非正規雇用で働いてしまうといくら本人が「正社員になりたい」と熱心に転職活動をしてみても、企業側からは「キャリアがない人」とみなされて、なかなか不利な状況を抜け出せません。


資格を取っても転職できない現実

では、アピールできるキャリアがないけど転職したい人は、いったいどうしたらいいでのでしょう?

職務能力を客観的に証明する武器としては、まず資格が挙げられます。

過去にも何度か雇用情勢が悪化したときに、資格ブームがありましたね。

「資格さえ持っていれば、有利に転職できる」とばかりに、アフター5や休日を犠牲にして勉強する人が急増しましたが、結果的に目標の資格試験に合格できず、志半ばで挫折する人が後を絶ちませんでした。

資格試験対策のスクールに通う費用もバカになりません。

給料が減って生活が苦しくなる中で、家計から何十万ものスクール費用を出せる人は多くはないでしょう。

よしんば、目標とする資格を取得できたとしても、それだけで簡単に転職できるほど日本の企業社会は甘くありません。

資格は実務経験とセットで初めて大きな威力を発揮するものだからです。

そうした「転職の難しさ」を突破するために、ぜひフルに活用したいのが、国や都道府県が実施している職業訓練なのです。

無料でスキルアップできる

「職業訓練」とは、就職に直接役立つ知識や技能を習得させてくれる公的な制度です。

いちばんの魅力は、かかる費用が激安な点です。

素晴らしいことに、一般の転職希望者向けの短期コース(3〜6ヶ月)であれば、日本全国どこの都道府県でも、授業料は完全に無料、自己負担なのは教材費や作業服代などの諸経費のみ!

若年者向け長期コース(高卒者対象1年以上)のみ原則として授業料は有料となっているものの、その額は1ヵ月に1万円程度にすぎません。

なかには、長期コースすら、無料にしている都道府県もあり、それでいて、特定の職種に就くうえで必須となる知識や基礎的な技能を身につけさせてくれ、終了時には、ハローワークと連携して就職先まで紹介してくれるのですから、より確実に転職したい人にとっては願ってもない制度です。

国から500万円もらえる!

職業訓練制度の二番目のポイントは雇用保険制度と密接にリンクしていて、訓練を受けている期間の生活費まで面倒をみてくれる事です。

一般にはあまり知られていませんが、雇用保険の受給資格をクリアしている人が職業訓練を受けると、もらえる手当ての日数にかかわりなく、課程修了まで(最長2年間)失業手当を延長して給付してくれることになっているのです。

ということは、退職後に90日分しか手当てをもらえない人でも、職業訓練を活用することで、90〜180日分(3〜6ヶ月のコースを受講した場合)も、余分に手当をもらえる計算です。

給付日数90日の人が運良く2年の訓練コースを受講できたとすれば、理論的には、失業手当を最長810日ももらうことが可能です。

日額5600円(在職中の給料30万円)の手当てがもらえる人なら、2年間で400万円を超えるお金を国からもらいながらスキルアップできるわけですから、学費が激安になる分をトータルするとざっと500万円超も得できる計算になります。

世の中には公的な給付制度は無数にあれど、これほど得できる方法は他にはまずありえない「史上最強の給付制度」です。

そんなお得な制度があっても、「雇用保険に加入していないと何の恩恵も受けられない」とがっかりしてい人にも朗報があります。

平成21年からは緊急雇用対策の一環として、雇用保険の受給資格のない人を対象に、職業訓練を受講している期間の生活費を支給してくれる制度が本格的に導入されました。

ですから、雇用保険に加入できない人でも、職業訓練の制度を活用してスキルアップしやすくなっていることも、ぜひこの機会に覚えておいてください。


おいしい資格特典もついてくる!

公立の職業訓練校については、常識では考えられないようなお得な特典がもうひとつあります。

それは、各地の訓練コースの情報をつぶさにみていくと、訓練の全過程を終了した人は全員、特定の国家資格受験にあたって、実地試験が免除(学科資格のみで国家資格が取得可)されたり、受験に必要な実務経験年数が大幅に短縮されたりするコースがあります。

中には修了と同時に無試験で特定の国家資格がもらえるコースもあるのですから、オドロキです。

どうしてそんなお得なコースがあるのでしょう。

国が認定した専門養成課程の修了者は、その分野の専門知識や技能がある程度身についているものとして、国家資格を取得するうえで、一般の受験者よりも、有利な取り扱いをしてくれることになっており、その専門養成課程として認定を受けているスクールは、一般の専門学校だけに限らず、職業訓練校の中にもあるということです。

つまり職業訓練校を活用することで、学費激安+生活費支給+資格特典というトリプルメリットが得られるのです!

豊富な実技・実習で経験を積める

先述したように、資格が取れたからといって、必ず有利に就職できるわけではありません。

苦労して難関資格を取ったのに就職できなかった人も世の中には大勢います。

企業は実務経験を重視するため、応募条件を「3年以上の経験者」としている求人が少なくないのがまぎれもない現実です。

これこそが転職するときに、誰もがぶつかる大きな壁なのですが、不思議なことに、職業訓練校の場合は、3年どころか、それまでまったくの未経験だった人が6ヶ月〜1年のコースを修了しただけで、ウソのように簡単に就職できている現実があります。

それは、職業訓練のカリキュラムでは、知識や理論の習得よりも実技・実習を通して「現場で役立つ技能の習得をトコトン重視しているためです。

つまり、企業サイドは、「訓練校の修了生ならば、一通りの基礎ができているので、一から教える手間が省ける。

あとは仕事をしながら覚えてくれるはず」と評価していて、一般の未経験者とは明らかに違う見方をしてくれるのです。

いくらやる気があっても、どこかに採用されなければ、永遠に経験は積めるはずがありません。

そんな時キャリアが不足していても、とりあえずその業界でスタートラインに立てること。

それこそが職業訓練の最大の強みではないでしょうか。

民間専門学校もタダで通える

職業訓練校では、確実に就職に役立つ「骨太」な資格や技能が得られるが、カリキュラムの選択肢が限られるので、民間の専門学校のように幅広いニーズに十分に対応できないのが難点としてあげられます。

そこで、”職業訓練活用術”の応用としてマスターしたいのが「公共職業訓練制度を活用して民間の専門学校に無料で通う法」です。

ハローワークに通ったことのある人ならご存知のことだと思いますが、最近は職業訓練のなかにも、専門の訓練施設の中で行われるものだけでなく、民間の専門学校に訓練を委託されたコースも多数あり、そのコース内容が実にバラエティに富んでいます。

「役所がやることだから、どうせ、時代遅れのコースばかりだろう」などと思っていたらとんでもありません。

特に充実しているのがIT関係で、基礎的なパソコン技能を習得できるコースはもちろん、ネットワークエンジニアITインストラクターWebクリエーターなどの養成コースが多数あります。

こちらの場合、職業訓練校の本科とは違い、どのコースもすべて授業料は無料(教材費のみ実費負担)ですから、これを知ったら、自腹でパソコンスクールに通うなんてもうバカらしくてやってらません。

ビジネス分野でも、パソコンを使った経理事務や総務、営業事務の実践コースもあります。

かと思えば、女性に人気の高い医療事務訪問介護関係のコースもあり、若年者向けにツアーコーディネーターの養成コースがありと、建築や溶接など、肉体労働系コースしかなかった時代の人がみたら「これが本当に職業訓練なのか?」と目を疑うはず。

公共の職業訓練制度を活用すると、短期コースでも20〜30万円は得できます。

その間にもらえる失業手当も含めれば50万以上得できるかもしれません。

そんな制度があることを全然知らず、民間の専門学校に通うと非常に高い費用がかかること思えばこの制度の基本をマスターするだけでもお得感は得られるはず。

とにかく「就職に役立つ資格や技能を身につけたい」と真剣に考えている人は、このサイトをスミからスミまで読んで研究してみてください。

アッと驚くような裏ワザまでご紹介しています。

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法
はじめに
100万円得する職業訓練の基礎知識
タイプ別・職業訓練校アクセスガイド
後悔しない職業訓練コース選択講座
合格通知をもうらうまでのスケジュール
科目別・職業訓練校キャリアガイド
究極の裏技QA
新規就農マニュアル【農業転職法】
リンク集
「究極の転職マニュアル」元採用担当者が暴露する転職採用の裏側。希望企業への転職を成功させる極意が満載!!
転職・就職と言えばHST PROGRAM
元採用担当者が暴露する転職採用の裏側!自ら転職と採用担当を経験した筆者が書き下ろした「究極の転職マニュアル」。採用担当者を唸らせる応募書類の書き方、面接官も脱帽の面接対策をたっぷりお伝えします

サラリーマンにもあった!節税&資産形成実践マニュアル!
キャッシング クレジット カード 低金利 仮 審査 評判 甘め













































































































































職業訓練を利用して資格・スキルをタダで身につける All copyrights 2010 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。
過払い金請求訴訟ガイドしっかりもらう雇用保険・失業保険印紙税Q&Aサイト自動車税を説明するサイト働きながらママになる方へ裁判員制度Q&A相続税・贈与税と遺言書〜賢い遺産処分の方法〜職業訓練を利用して資格・スキルをタダで身につけるもう貸してくれない!自転車操業主婦の借金返済救済マニュアル所得税の基本の基本税金を還付してもらいます〜払い過ぎたぜい金を退職後に返してもらう〜web借金相談所消費者金融へ過払い金請求をしよう!消費税について離婚手続きの方法〜慰謝料・養育費・親権・財産分与〜離婚の知識確定申告の裏技究極の節税対策方法〜個人事業主・法人・副業〜男性のための離婚の手引きThe税務調査Q&A自分でできる民事訴訟裁判老後の法律相談弁護士の見分け方・選び方DV(ドメスティックバイオレンス)を解決する手段少額訴訟なんでもガイド労働安全衛生法をわかりやすく説明するサイト会社法の基礎の基礎子連れの離婚について究極の相続税対策